【三陸赤崎産 殻付き 熟成牡蠣】東日本大震災から甦れ!壊滅的被害を受けた三陸牡蠣再生を目指すプロジェクト

赤崎産(岩手県大船渡市)

三陸の高級牡蠣としての名産地 大船渡赤崎産の牡蠣

三陸赤崎産牡蠣


赤崎は、岩手県の南の大船渡市に位置しています。震災前は、岩手県全体の牡蠣生産量のおよそ10%(400t)弱の殻付牡蠣を生産しました。

東日本大震災では、他の三陸沿岸地域同様に壊滅的な被害を受け、養殖棚、施設、船、設備のすべてが流出しました。
「復興かきオーナー」様を始め皆様からの多くのご支援をいただきまして、復興かきプロジェクトからは、種牡蠣(岩牡蠣)600連、 中古船 4隻、 フォークリフト1台を支援しています。

復旧状況は、かき処理場などの再建も終わり震災前の姿をとりもどしつつあります。震災前400台ほどあった牡蠣筏は、300台まで復旧し、震災前のおよそ7割弱まで生産規模が復旧してきています。
おかげ様で養殖の再開をすることができました。本当にありがとうございます。


予約注文へ進む

「赤崎」は築地で高値で評価される高級牡蠣産地です

 

大船渡赤崎

(※2011年震災前の養殖風景です)

三陸赤崎は、市場で高値で取引される高級牡蠣として有名です。
赤崎地区のある大船渡湾は、盛川という大きな川が森からの豊富な栄養を運び、大きく入り込んだ湾は穏やかで牡蠣の生育に大変適した場所です。
森の栄養分がゆっくり漂いながら海のプランクトンを育て、そのプランクトンによって牡蠣が豊かに育っています。
三陸の中でも、このように恵まれた地域は他になく、また養殖技術も日本で最高レベルであることから、築地市場でも常に高い評価を得ています。

岩手県の牡蠣養殖は、明治の初期頃に赤崎から始まり、徐々に岩手県全体に広がったと言われています。赤崎にある神社の神主が他の地域で牡蠣養殖を見て赤崎でもできるのは、と漁師に提案されたのがきっかけでした。最初は地まき養殖から始まり、いかだ式、延縄式と現在も岩手で広く行われている養殖方法がここから始まりました。

赤崎の牡蠣養殖のこだわり

生産者の志田健志さん

 

牡蠣の身入りをよくするために牡蠣の蝶番に部分に穴をあけテグス糸を通してロープから吊るす「耳つり」という方法をとっています。この方法によって一つ一つの牡蠣に栄養が行き渡り身入りの良い牡蠣に育ちます。

また、牡蠣を吊るす面積当たりの牡蠣の養殖密度を薄くして、密集させずに全体に栄養が行き渡るようにしています。

(写真:生産者の志田健志さん)


牡蠣の身入りをよくする工夫は、赤崎から始まりました

温湯処理

牡蠣は牡蠣筏(いかだ)に吊るし、海の自然の栄養でじっくり育てられますが、畑に雑草があると栄養が作物にいかないように、牡蠣のまわりにも昆布など他の生物が付着します。
これを温湯処理(おんとうしょり)という手法で、他の生物を牡蠣から外す工夫をしています。


この写真では筏から牡蠣を引き揚げているところです。


温湯処理

60度くらいのお湯に牡蠣を数十秒つけて、引き揚げたところです。
昆布が熱で緑色に変わっているのが分かります。
年によって、ムール貝、ゆうれいぼや、フジツボがついたりしますが、これらを温湯処理することによって、外すことができます。


温湯処理

温湯処理が終わり、綺麗になった牡蠣です。
これをまた出荷までの数ヶ月、海で育てます。


50年以上前から、この温湯処理は赤崎で行われていました。
昔はドラム缶を利用して、手で牡蠣を引き揚げてお湯につけていたそうです。
温湯処理は、全国でも三陸の一部だけで行われている特別の養殖方法です。


予約注文へ進む

濃厚な「赤崎」の牡蠣をご賞味ください

赤崎産牡蠣
赤崎の牡蠣は、濃厚で身入りの良いのが特徴です。生産者がしっかりと手をかけているので殻いっぱいに身が入って品質が安定しています。

生産者さんによると、東日本大震災で壊滅的な被害にあいましたが津波によって海底の泥などがさらわれ綺麗になったことと、湾口の防波堤が決壊したままになっているため海水の循環量が増え、今まで以上に良い牡蠣ができているそうです。

【大船渡赤崎 の生産者さん達からのメッセージ】

全国の皆様からの復興支援に心より感謝致します。常に品質の向上をはかりより良い養殖方法を模索していき、高齢化などの問題もありますが、若い人たちがやってみたくなるような仕事にしていきたいと思います。

東京築地でも認知度の高い赤崎の牡蠣ですが、今後もそのブランドに恥じない牡蠣を作っていきます。
今後ともよろしくお願いいたします。


予約注文はこちら

お申し込みの前に必ずご確認ください
■セット内容 赤崎産 殻付牡蠣20個、カキナイフ、パンフレット(剥き方ガイド)
■サイズ Mサイズ
Lサイズ
■生食の可否 生食用
!紫外線殺菌の海水で浄化しています。
!生食用出荷基準に基づいた検査を実施しています。
!検査の結果により「加熱用かき」として出荷になる場合があります。
■採取海域 岩手県大船渡市赤崎海域
■消費期限 生食の場合:発送日から4日間
加熱調理する場合:発送日から5日間
!生ものですのでお早めにお召し上がりください。
■保存方法 10℃以下で保存してください
発泡ケースで保存する場合、ケース内に袋づめした氷や蓄冷剤などを入れ涼しい場所で保存してください。
冷蔵庫で保存する場合、乾燥に弱いので濡れタオルなどを被せて保存してください。
牡蠣は生きていますので、密閉容器やラップなどで密閉することは避けてください。
!すぐに食べきれない場合
フライなどの衣をつけてから冷凍保存→解凍せずに油調理できます。
殻ごと一つづつ保存ジッパー袋などに入れて冷凍→冷蔵庫内でゆっくりと解凍するとドリップがあまりでません。食べる際は必ず加熱調理します。
■お届け時期 2014年11月~発送予定分の予約注文です
出荷可能時期:2014年11月~2015年3月
お勧めの時期:1月下旬~3月
■その他重要事項 数量確保のため、全て前払いとなります。
基本的にキャンセルは致しかねます。

赤崎産 殻付牡蠣 応援セット

【赤崎産 殻付牡蠣 応援セット カキナイフ付き】(税込・送料込)

Mサイズ20個入り  ¥7,000


Lサイズ20個入り  ¥8,000


ファックスご注文


 
 

三陸牡蠣 買って応援!
三陸牡蠣 産地メニュー 宮古 山田湾 赤崎 広田湾 唐桑 志津川 雄勝 牡鹿半島渡波 東松島
FAXメニュー 買って応援オーナーちらしファックス申込用紙
ご注文・お支払方法
特定取引
応援メッセージ
齋藤浩昭のtwitter
齋藤浩昭のブログ
  • 齋藤浩昭ブログ

Copyrught (c) 2011 株式会社アイリンク

プロジェクト報告結果 応援メッセージ